柿の実幼稚園 ちょうちょ

柿の実幼稚園のちょうちょです。

猛威をふるった台風19号。運動会が延期になるかどうか危ぶまれましたが、10月13日は予定通り、15日は延期されての日程で2日間にわたり、幼稚園近くの麻生水処理センター運動場で運動会が行われました。

柿の実幼稚園は園児数1,000人ほどの大規模園のため、行事はいつもクラス毎に日程を分けて行われます。

IMG_3710

▲子供たちの描いた可愛い万国旗が入口から運動場まで続きます(麻生水処理センター 川崎市麻生区)

13日は台風の翌日でカラッと暑いくらいに晴れ、強風の一日でしたが、おゆうぎから団体競技、リレー、親子競技まで盛りだくさんのプログラムをこなしました。

IMG_3711

▲強風にも負けず元気いっぱいの子供たち(麻生水処理センター 川崎市麻生区)

とにかく園児数が多いので、運動会はゼッケンやカラー帽子の装飾を凝らすなどして、我が子の目印を工夫している親御さんが多いのも特徴です。

IMG_3712

▲テントを持参し、まるでキャンプ場かのようになっている休憩スペース(麻生水処理センター 川崎市麻生区)

昨年の教訓を生かして今年は我が家もテントを持参し、大正解。運動場は日除けになる場所が限られているので、休憩やお弁当時間にテントがあると便利でした。

そして、閉会式後は担任の先生から子供たち一人ひとりに、メダルを下げてもらい、我が息子も照れながらも嬉しそう。

IMG_3713

▲重みのあるご褒美メダル

今年は前日の台風がとにかく心配で、運動会もどうなることか直前までハラハラしていましたが、無事に終えることができたのが何よりでした。

6+